~さりげないブルーでフェミニンに~
爽やかな目もと印象の夏メイク

こんにちは。トップメイクアップクリエイターの齋藤 あやめです。
7月21日発売の「オンブルクルールクアドリ」を使用した、
爽やかな目もと印象の夏メイクをご紹介します。

齋藤 あやめ

クレ・ド・ポー ボーテ
トップメイクアップクリエイター

優しくフェミニンな印象の
ブルーアイメイクテクニック

今回のメイクアップのポイントは、さりげない印象のなかにも、目もとに自然と視線を集めるブルーのカラー。
どんな肌の色の方でも使えるブルーが特長なので、パーソナルカラーを気にせずにトライしてみましょう!

オンブルクルールクアドリのブルーは、目もとだけではなく肌のトーンまでもクリアに演出し、上品で華やかな印象に仕上がります。
いつものメイクに加えるだけでおしゃれ度がアップしますよ。

オンブルクルールクアドリ 11 

Bをアイホール全体に塗布します。
Dを目の際にチップで置いた後、ブラシで優しく広げることで、自然なグラデーションに。
下まぶたの目頭側にAを、目尻側にCを塗布します。
最後に、黒のアイラインを目尻側を長めにすっきりと入れましょう。

大人のカラーアイメイクが完成です。

リップはオレンジベージュで軽やかな印象を

ブルーアイメイクの華やかさを際立たせるために、
軽やかさを演出するオレンジベージュのリップを使用してカジュアルな印象を与えましょう。
ルージュアレーブル 13

透明感が際立つツヤ肌へ

さらに、軽やかな肌つくりを演出したい場合は、
やわらかい光を放つル・レオスールデクラ 21
おすすめです。

肌の色にも溶け込みながらツヤ感を出してくれるのと、薄いブルーが入っているので、アイシャドウとの組み合わせがGOOD!

使い方は、微笑んだときのほおの高い部分からこめかみに向かって輝きを広げてください。

うるおいで肌を整える

またメイクの仕上がりをワンランク上にするコツは
スキンケアでのお手入れです。

私のお気に入りのスキンケアは、
オーミセラーデマキアントヴィサージュ

簡単にメイクが落とせるクレンジングウォーターで、メイクアップや毛穴の奥の汚れまでしっかりと取り除き、さらに肌がしっとりとうるおいで満たされます。

ブルーのカラーは目もとを爽やかな印象に仕上げ、いつものメイクに加えるだけでも、
おしゃれ度が上がり、ついついどこかに出かけたくなるような繊細なカラーです。
特に新しい色にチャレンジしたい方、トレンドに敏感な方、プレイフルなメイクに挑戦したい方
優しくフェミニンな印象に仕上げたい方におすすめですのでぜひ試してみてくださいね。

コメント